テクニック 日記 相談

フェラチオとは?-味について

【おちんちんってどんな味がする?】
フェラチオをしたことが無い人は、どんな味がするのかという疑問を持たれる人も多いでしょう。食べた事もないような味を言葉で表現するというのはとても難しいものです。だから、どんな味だろうと説明するのはやや難しいのですが、当たり前ですがおちんちん特有の味がします。しかし、特にこれといって味がついているようなものではないので指を舐めるようなものであり無味に近いという感じですね。

おちんちんを舐めた味そのものが嫌だというケースはほとんどありません。汗や尿などのかすかな感じです。または感じると出てくるカウパー腺液(先走り液)については、しょっぱいような表現をされるケースが多いです。また、フェラチオ時で一番強いという味ですと精液の味となります。

射精まで至らないのであれば、味は差ほど気になることは無いと思います。
ただし、挿入後などについてであれば女性の愛液(体液)が付着していたりすることもありますのでそういう場合については女性の愛液特有の味がします。
 
【精液ってどんな味?】
精液の味を一言で説明するのはとても難しいです。味については、個人差がとても強いです。薄い人もいれば濃い人もいます。また、その人の体調でもかなり差があります。短期間で何度も射精をすると薄くなります。また、薄い濃いというのは色ではなく、粘り気というかドロドロ感です。どろどろしてると味が濃いということも無く、薄くてもかえって口の中で広がるように強い味がすることもあります。

精液の味が「おいしいか?」と聞かれるとおそらく「マズイ!」といわれるのが一般的です。
個人差があるものですが大半は「苦い」という意見が多いです。また、「しょっぱい」と言われる方も多いです。また、苦さしょっぱ差というほかに「生臭い」という意見をされる方もとても多いです。味なのに生臭いというのも不自然ですが、口の中から広がるような青臭さもあるのは事実です。食べ物で表現するのは難しく、類を見ない味です。なかには、甘みを感じるかたもいるようです。「苦い」「薄塩」「酸味」「甘み」「生臭さ」が比較的多い意見となります。

【味の正体って何?】
成分的に考えてみると、精液はアルカリ性の液体なので苦味を感じやすいようです。また、 精子が元気に泳ぐための栄養素として糖分(果糖)が含まれているようです。甘みを感じることはこれのせいではないかと思います。また、クエン酸も含まれているので酸味についても納得ができます。ほかタンパク質も多く含まれており、玉子の白身のように味がわかりにくい場合もあります。甘み、酸味だけであればたいしたことはありませんが、苦味や独特の生臭さがこれを打ち消すほど強く感じる人も多くおいしいと感じる人は少ないです。

【カウパー腺液の味は?】
フェラチオは比較的セックスの前に行われることが多く精液の味を気にされない人もいるでしょう。中には飲ませたいと思われる男性もいます。すべてを受け入れて欲しいという気持ちでそういう発想をする場合もあるのでしょうが、飲ませたいというだけでなく精液をぶっかけたいと考える男性も多いことから受け入れて欲しいというよりは、自らの精液で汚したいと思うのかもしれません。足跡のない雪道に踏み込みたくなるのと似てるのかもしれませんね。
さて、話は少しずれましたが射精まで至らない場合についてもカウパー腺液という透明感のある体液が男性から出ます。こちらは糸を引くような体液となり付着するとつるつるとした潤滑性の高いものです。ドロドロとした精液が尿道からスムーズに流れることや女性器に挿入をスムーズにさせる効果があるようです。
こちらの味は普通にフェラチオをしていたら味わうのを避けるのは難しいでしょう。
味については薄くほとんど気にならないという人も多いです。かすかな酸味があると表現する意見が多いです。ただ、こちらにも微量な精液が含まれることもあり精液と同じような味を感じることもあるようです。微量なので気にならないようです。

-テクニック, 日記, 相談