フェラチオオプション-手による愛撫

【フェラチオと手】
口も器用ではありますが、それに添える手というものも結構ポイントが高いものです。咥えつつ回りを刺激したり袋のほうを触ったりすることで複数のポイントを刺激できます。また、手のほうが逝かせやすいというのもありますので慣れるまではうまく手をつかって逝かせる練習をしてみるのも案外勉強になるものです。手だったら自分でできるっていうイメージの強い男性の場合は、手をあまり使って欲しくないという場合もあるとは思いますが。
刺激のバリエーションを増やすことも含めていろいろ工夫してみると良いのではないかとおもいます。
 
【長さとか】
男性のサイズにもよりますが、全部咥えられないこともあるとおもいます。そういう場合は根元への刺激がどうしてもし難い場合もあるでしょう。そういった時に根元のほうと先のほうを手と口とで満遍なく刺激することで全体を包み込むような刺激ができたりもします。
 
【同期と非同期】
手と口を使う場合、慣れてくると全体を同じペースで刺激する同期的な愛撫や、それぞれ別のタイミングで動かしたりする非同期的な愛撫が可能です。
単調な動きも良いですがたまに舐められる男性のペースを乱すような複雑な刺激をあたえることで意識が股間に集中してよりいっそう楽しめるのではないでしょうか?