テクニック 日記 育成

フェラチオと玉舐め・・・。

フェラチオをする時にいつも気になるのが玉袋です。
2つの玉がした(69の場合上)にあり結構気になります。

玉だけ舐めて逝かせられるかというととても難しい問題でここだけを集中していても下手すると小さくなることすらあります。
玉部分は強く押したり刺激をすると痛いと言われます。
急所ですので打撃は絶対に禁止です。精液を作ってる部分となり男性の機能の源かもしれません。
性転換とかで玉だけとってしまうだけでも竿部分の勃起に影響したりするという話も聞きますのでここが元気でないと全体の元気に影響するのだと思われます。

玉というよりも袋部分がおもったよりも敏感だったりします。
なので舐めたり触るととても良い反応をする男性が多いです。
私の場合は、ここは逝かせるための部分ではなくて、集中力をひきつけるポイントとして考えております。
もちろん丁寧に舐めるということでまんべんなく舐めてもらっているという印象を与える要素もあります。
手で触ることで集中力を引くのもポイントですがあえて口を使うことでより一層アピールができます。

愛撫の方法ですが強すぎなかったら多少玉部分を引っ張るくらいでも良いかもしれませんね。
吸い付いたまま引っ張ったり、舌先で舐めるのが良いです。
ポイントは真ん中の筋の部分となります。
この筋部分は肛門方面まで繋がっていてその間がすごい興奮されます。
もちろん肛門までもきれいに舐めとるというのもわるくありません。
肛門がきれいなら是非チャレンジしてみてください。※一応お風呂あととかがオススメ。
その他にも袋ごと全部口にほおばるのも悪くないでしょう。
あとは、逝った後などに竿側だと刺激に耐えられないという男性も多いのでそういうときにさりげなく袋側を最後まで舐め続けるのもよいと思います。
出ている間は竿を咥えて刺激をして出なくなったころに袋舐めで余韻を楽しんでもらいます。
少ししぼむと竿に残ってた精液が出てくることがあるので玉袋舐め後には念のため先っちょもキレイにもう一度咥えて吸い出してあげましょう。

フェラチオするなら是非ちょこちょこと使ってみてください。

-テクニック, 日記, 育成